【没後】メモリアルイヤー2014:ガヴォット(と6つのドゥーブル)《ラモー》

  1. 【没後250年】1683-1764 Rameau(ラモー)
  2. 【没後140年】1806-1874 Burgmuller(ブルグミュラー)
  3. 【没後130年】1824-1884 Smetana(スメタナ)
  4. 【没後120年】1829-1894 A・Rubinstein(ルービンスタイン)
  5. 【没後120年】1841-1894 Chabrier(シャブリエ)
  6. 【没後110年】1841-1904 Dvorak(ドヴォルザーク)
  7. 【没後100年】1855-1914 Liadov(リャードフ)
  8. 【没後90年】1845-1924 Faure(フォーレ)
  9. 【没後90年】1858-1924 Puccini(プッチーニ)
  10. 【没後90年】1868-1924 Merikanto(メリカント)
  11. 【没後90年】1878-1924 Palmgren(パルグムレン)
  12. 【没後80年】1857-1934 Elgar(エルガー)
  13. 【没後80年】1863-1934 Nazareth(ナザレー)
  14. 【没後80年】1874-1934 Holst(ホルスト)
  15. 【没後40年】1892-1974 Milhaud(ミヨー)
2014年にメモリアルイヤーを迎える作曲家です。(没後のみ10年単位)

【youtube紹介】

作曲:Jean-Philippe Rameau(ジャン=フィリップ・ラモー)1683-1764
曲目:Gavotte(ガヴォットと6つのドゥーブル)
演奏: Robert Casadesus(ロベール・カサドシュ)1899-1972


私は今、ラモーのクラヴサン曲集から「やさしい訴え(恋の嘆き)ロンドー」を練習中ですが、この「ガヴォットと6つのドゥーブル」も大好きな曲です。最初はどちらから取りかかろうか迷いました。そしてまずは「やさしい訴え」に取り組んでいるところです。楽譜は春秋社の「バロックピアノ曲集」を使用しています。

以前ユーチューブにアップロードしたリュリの「やさしいうた」と「クラント」クープランの「神秘な防壁」もこの楽譜を使用しています。



【楽譜の中身紹介します】
目次
《リュリ》
  1. やさしいうた
  2. クラント
  3. アルマンド、サラバンド、ジーク
《クープラン》
  1. ちょうちょう
  2. 組曲ハ短調
  3. お気に入り
  4. 朝の目覚め
  5. 髪の光沢剤
  6. 刈り入れ
  7. ベルサン
  8. 神秘な防壁
  9. 牧歌
  10. ひるがえるバヴォレ
  11. ゆりの花開く
  12. 葦-あし
  13. 恋のうぐいす
  14. キタイロンの鐘
  15. 風に向う小さな風車
  16. 修道女モニク
  17. ティック、トック、ショック
  18. うなぎ
  19. 編物をする女
  20. 未の足をもつサティール
《ラモー》
  1. ロンド風のジーク
  2. ロンド風のジーク第2番
  3. 鳥のさえずり
  4. リゴードン
  5. ロンド風のミュゼット
  6. タンブリン
  7. やさしい訴え
  8. ソローニュのお人好し
  9. ため息
  10. つむじ風
  11. キクロペス-一眼巨人
  12. 三つの手
  13. ガヴォット
  14. めん鳥
  15. エジプトの女
《ダカン》
  1. つばめ
  2. かっこう
  3. 快い旋律
■大好きな曲がたくさん入っているのでお気に入りの楽譜です。バロックが好きな人にはおすすめです。でも次に好きなクープランの「波」が入っていないのはちょっと残念です。

■ラモーは2014年に没後250年になります。当時クラヴサンで演奏されていた楽曲がこうしてピアノでも演奏され受け継がれ続けています。素敵なことだと思います。いつかチェンバロでも弾いてみたいなぁ~

人気の投稿