【生誕】メモリアルイヤー2013:ナザレー他13

  1. 生誕360年 1653-1706 Pachelbel(パッヘルベル)
  2. 生誕330年 1683-1764 Rameau(ラモー)
  3. 生誕270年 1743-1805 Boccherini(ボッケリーニ)
  4. 生誕200年 1813-1870 Oesten(エステン)
  5. 生誕200年 1813-1883 R・Wagner(ワーグナー)
  6. 生誕200年 1813-1888 Alkan(アルカン)
  7. 生誕200年 1813-1901 Verdi(ヴェルディ)
  8. 生誕180年 1833-1887 Borodin(ボロディン)
  9. 生誕180年 1833-1897 Brahms(ブラームス)
  10. 生誕170年 1843-1907 Grieg(グリーグ)
  11. 生誕150年 1863-1934 Nazareth(ナザレー)
  12. 生誕140年 1873-1943 Rakhmaninov(ラフマニノフ)
  13. 生誕120年 1893-1987 Mompou(モンポウ)
  14. 生誕100年 1913-1976 Britten(ブリテン)
2013年にメモリアルイヤーを迎える作曲家です。(生誕のみ10年単位)

■2013年に生誕200年を迎える作曲家
  • エステンはドイツの作曲家です。ピアノを習っている方は一度は弾いたことがあるのではないでしょうか。「お人形の夢と目覚め」「アルプスの鐘op.175」「アルプスの夕映えop.193」など、とても愛らしい曲で名を残した作曲家です。
  • リヒャルト・ワーグナーは歌劇「トリスタンとイゾルデ」「タンホイザー」「ローエングリン」「ニューベルングの指環」などの楽曲で知られるドイツの作曲家です。オペラで有名な作曲家ですが、ピアノ曲も多くあります。「アルバムの綴り 変ホ長調(アルブムブラット)」という曲をCDで聴いたことがあります。リスト編曲の「夕星の歌」「イゾルデの愛の死」などもピアニストのレパートリーになっているようです。
  • アルカンはフランスの作曲家です。「大ソナタ 4つの時代op.33」「すべての長調と短調による25のプレリュードop.31」「12か月、12の性格的小品op.47」などの作品があり、「短調による12のエチュードop.39」の3曲目には「悪魔のスケルツォ」という名の作品があります。アルカンは超絶技巧を要する作品が多いですが、そんななかにも情緒豊なイメージがあります。
  • ヴェルディは歌劇「リゴレット」「椿姫」などで有名なイタリアの作曲家です。2013はヴェルディ生誕200年を記念した上演で盛り上がりそうですね。スカラ座...ミラノ...憧れです。
■ユーチューブから、ラフマニノフ、モンポウ、ナザレーの素敵な演奏をご紹介します。

作曲:Sergei Rachmaninov(セルゲイ・ラフマニノフ)
曲目:12の歌op.21-5 リラの花(ライラック)
演奏:Vladimir Ovchinnikov(ウラディーミル・オフチニコフ)



作曲:モンポウ
曲目:歌と踊り 第5曲
演奏:Jasmin Arakawa (ジャスミン・アラカワ)

モンポウの「歌と踊り」全14曲の中でもこの第5番が一番好きです。



■ナザレーは2013年に生誕150年なんですね。舘野泉さんのCDを聴いてから、ナザレーの「オデオン」という曲がとっても気に入っています。

ユーチューブである男性が弾く「オデオン」もとても気になりました。

人気の投稿